Tel: (087) 823 5980

ご質問・お問い合わせの電話番号

It's delicious. Really!

いや、ほんまにおいしいよ。
Thursday, May 30, 2019

2、3日前に降った雨のせいか、朝晩涼しいです。清々しい毎日の高松です。早速本題に入りますが、今回の写真はイギリスでは flapjack と呼ばれるお菓子です。主な材料は、オートミール、バター、黒砂糖とゴールデンシロップ。このゴールデンシロップ、まず色がきれいな琥珀色で、味は子供頃よく食べたカンロ飴ののような。うまく表現できてませんがとにかくおいしい。私が作ったものは基本のflapjackにドライフルーツなどを加えたものです。自分の好きなナッツやドライフルーツを入れて楽しめそうですが、それ以前に私のは少し焼き過ぎのようです。イギリス出身のハッガの先生がそう言っているからまちがいないでしょう。ちなみにwikipediaによるとflapjackはカナダやアメリカではパンケーキを指すそうです。

続いて今回のタイトルについてですが、これはこのお菓子のことも指しているし、同時にイギリスの食べ物も指しています。最近いろんな意味でお騒がせ中のイギリスですが、有名なのは食べ物がまずい、ということではないでしょうか。いや、まずいという噂が有名と言えばいいのでしょうか。私もしばらくイギリスにいた経験がありますが、食べ物で眉間にシワが寄るような経験を一度もしたことがありませんでした。それは私が並外れた食いしん坊なのか、たまたまラッキーな境遇にいたからか?私にはわかりません。それどころか、今まで食べたことのないあたたかいデザートに衝撃を受けて、出てくる食べものがおいしくて、イギリス人が驚くほど平らげていました。別にイギリスの肩を持つつもりは毛頭ありませんが、あのいわれはいったい何からはじまったのか。不思議です。まだ知られていない英国のおいしい(ワタシ的には)物を、誰に頼まれたわけでもありませんが、少しずつご紹介していけたらいいなと思います。

イギリス
食べ物

Cauliflower is the key

カリフラワーが重要です
Friday, November 30, 2018

冬到来、かと思いきや、今年はわりと暖かな冬の始まりです。寒くなるのはつらいけれど、冬だからこそおいしく、楽しみにしている食べ物があります。昨年は、ワタリガニと日本酒のとりこに。またこの季節が来たかぁ、とにやけてしまうくらいです。みなさんのにんまり冬料理はなんでしょうか?

引き続き、食べ物の話ですが、今年はなぜかビリヤニ、というインドの炊き込みご飯のようなものにはまっています。理由その1、とてもヘルシー。ベジタリアン料理でたくさんの野菜と豆のスープで体もあたたまる。その2、経済的。我家の場合、1度作ると3日間食べられる。その3、おいしい、わたし的には。残念ながらインドでは本物のビリヤニを食べたことがないので、私が作るビリヤニは本当においしいのか?という疑問がのこりますが。

私はどうもこの料理には、カリフラワーが必須野菜と思い込んでる節があり、それ自体も好きなので、カリフラワーなくしてはビリヤニは作れません(私の偏見)。そんな話をしていたら、カリフラワーなんてあってもなくてもどっちでもええ、という方たちがけっこういました。今までこだわってきた私って・・・。

いつか本物のビリヤニを食べてみたい。

食べ物

Nostalgic taste

懐かしい味
Thursday, May 31, 2018

四国は梅雨入りしたそうですね。外出の用事がなければ、雨降りの日は気持ちが落ち着きます。と言いつつ、歯医者の予約のあった2,3日前は、その日だけは晴れることをずっと願っていましたが。少し時期を過ぎましたが、5月は里山などで野苺が採れます。今年はお弁当箱2つ分くらい採れました。数年前からジャムにして楽しんでいます。普通のイチゴと違って、ラズベリーのような、なんとも爽やかな味がします。イギリス出身の先生が好きな、ビスケットのようなケーキのようなお菓子を作りました。生徒さんにも食べてもらうと、なんか懐かしい味がする、という意見が多かったです。なんとなく私にも、その懐かしさというのがわかりました。これは世代によって変わってくるのかな? 話が変わりますが、中学生が駄菓子屋に行ったよ、という話をしてくれました。私もつい懐かしくなって、熱く語ってしまいました。いま小学生や中学生の子どもたちが大人になったら、どういうのが懐かしの味になるのか気になります。

食べ物

Exchange recipes

レシピの交換
Friday, June 2, 2017

午後の7時を過ぎてもまだ明るくて日が長くなったのを感じます。暑くなってきてるなぁと思っていたら雨が振ってまた少し涼しくなる、まだ気持ちのいい日が続いている高松です。

スーパーで梅の実を見るようになりました。甘い匂いと見ただけでおいしそうな姿に、つい足を止めてしまいます。今までに梅を使ったものは、梅酒、梅シロップ、それと梅の酢漬けを作りました。どれも梅のいい香りでおいしいです。今年は小梅の梅干しに挑戦しました。生徒さんから教えていただいたものです。なんと梅干しなのに干さないで作れると聞いたので、私にもできるか?と思って作ってみました。熟れた梅ともみじその色合いが、若い時にバイト先で作ったカシスオレンジを思い出しました。
色がきれいでそれだけで、ヤッター!感がアップしました。食べれるようになるまでには、しばらくかかりそうです。

これまでも生徒さんから教えていただいた、シソジュース、ベーグル、シソのペースト、鯖のまぜ寿司、ニョッキのブルーチーズソースなど試してみました。いろんなアイディアを交換しあえて楽しいです。(教えていただくことの方が多い)食の話題は豊富だ。

食べ物

Yuzu, Edamame, Shiso...

海外で使われている日本の食材
Tuesday, August 30, 2016

残暑お見舞い申し上げます。台風の影響でぐっと気温が下がってほっと胸をなでおろしている日本人スタッフのマキです。まだまだ暑さは続くとおもいますが、みなさんは暑さ対策はどうしていますか?この暑さでも食欲だけはいっこうに衰えを見せません。ただ料理をするのが暑くてちょっと・・・というより気候を問わず料理をするのはちょっと、というのは私だけかも知れませんが。


最近はインターネットでいろんな情報が得られますが、ちょっとがんばって英語のサイトを見るともっとたくさんの情報が知ることができておもしろいです。イギリスやアメリカなど英語で書かれたおいしそうな料理やお菓子のレシピもたくさんあります。日本の食材も日本と同じ呼び方で海外でも使われていています。柚子、抹茶、枝豆など・・・。Wikipedia にList of Japanese ingredientsというページがありました。たくさんの日本の食材や食品が海外でも取り入れられているんですね。


シソもその1つで私はシソを使って夏になると必ず作るのが、シソジュースとシソペストです。2つとも生徒さんから教えていただいて、それから毎年作っています。シソジュースは赤シソの2倍の量の青シソを使うのがポイントです。バジルで作っていたペストも青シソでとてもおいしくできました。料理するのが面倒やな~って時に重宝します。日本の食材を海外ではユニークな使い方をしているのもあるので、おもしろいのを見つけて、食卓をもっとたのしくできたらいいな、と思います。

食べ物

Pages