Tel: (087) 823 5980

ご質問・お問い合わせの電話番号

Rhubarb Rhubarb Rhubarb...

ルバーブ
Thursday, May 12, 2016

こんにちは。ハッガ英会話のマキです。ゴールデンウィークも過ぎて、少しずつ通常の生活に戻っているところでしょうか。暖かい日があるかと思ったら、雨が降って肌寒い日があったりまだまだ油断できませんが、初夏のような陽気で過ごしやすい毎日ですね。山々もモコモコとかわいらしく見える新緑の季節、本当にすがすがしい気持ちになります。つい口笛なんかを吹いてしまう今日このごろです。

春の食材でイギリスには普通にあって、高松ではなかなか手に入らないものの中にルバーブがあります。タデ科の仲間で野菜に分類されるようですが、食べ方としてはフルーツのような扱いをされます。日本では信州や北海道などでも栽培されていてパイやジャムなどが販売されているそうです。イギリスに限らず欧米では普通の食材で、原産地はシベリアとなっています。
私は8年くらい前に苗を購入して栽培を試みましたが、ちゃんと手入れをしなかったため枯らしてしまいあきらめていましたが、去年から再度苗を購入して育てています。日当たりがいまいちな庭ですが春になって新しい芽が出てきて喜んでいます。

セロリのような茎の上に大きな葉がつくルバーブは、茎の部分が食用で葉には毒があるので食用にはならないらしいです。この茎が緑のや赤いのがあり、砂糖と一緒に煮ると甘酸っぱいおいしいジャムや主にデザートとして利用されます。


食用以外でも言葉の活用としてRhubarb Rhubarb Rhubarb...と早口で言い続けてできる音が人々が話すざわめきに聞こえることから、お芝居などで背景にいる人たちがこの言葉を発して自然な雰囲気を出すと言われています。私が役者さんなら、ルバーブで頭がいっぱいになって芝居に集中できない気がしますが・・。



私はルバーブが収穫できたらRhubarb Crumbleという温かいデザートを作りたいなーと収穫前から目論み中でとても楽しみにしています。このデザートを生クリームやバニラアイスと一緒に食べると、とんでもなくおいしいです。もうすでに葉っぱに虫がついていて心配です。収穫できるといいな!

イギリス
食べ物