Tel: (087) 823 5980

ご質問・お問い合わせの電話番号

Hydrangea

アジサイ
Thursday, July 11, 2019

7月に入って早10日。6月の末に観測史上最も遅い梅雨入りをした四国の高松。水不足を心配をしていた方も多いのではないでしょうか。ようやく雨が降ってホッとしている間もなく、今度は大雨の心配も。現在は雨が降ったり曇っていたり、通常の梅雨らしさが続いています。

梅雨やなぁ、と感じさせてくれるアジサイ。英語で hydrangea 。なかなか覚えるには手強い名前ではないでしょうか。
単語の覚え方のひとつに、語彙のはじめにつく接頭語や最後につく接尾語を意識して、言葉の意味を推測しながら覚えていく方法があります。例えば du-2。duet 二重唱 duplicate 二重の、複写。-able 〜できる。doable することのできる available 利用できる など。 hydrangea も hydr/o- 水 (hydroponic 水耕の hydrate みずみずしさを与える) という意味と関連付けて覚えてみてはいかがでしょうか。(ギリシャ、ラテン語から hydr/o- 水、angeion(angio-)、angeion"vessel, capsule"脈、容器。)余計ややこしくなったわ、と言われそうなので今回はこのへんで。言葉を覚えるのに、語源も併せて見てみるとおもしろいです。そのときはなるほどなぁ、と思ってもまたすぐに忘れてしまうのは私ですが、気長に取り組んでいきたいと思っております。

先日川沿いを自転車で走りました。鳥のさえずりやカエルの合唱を聴いてすっかり心が癒やされました。むし暑いのも気にならないくらい自然満載で気持ちがよかったです。例にもれず、冴えない写真ですみません。

植物