Tel: (087) 823 5980

ご質問・お問い合わせの電話番号

Valentin's day

バレンタインデー イギリス編
Sunday, February 14, 2016

こんにちは。今年は2月でも割とあたたかな高松ですね。
2月のイベントと言えば、節分もしくはバレンタインデーですね。スーパーやデパートなどでも早くからチョコレートが店内に山積みにされていたのを見かけました。みなさんには、バレンタインの甘い思い出などありますか?残念ながら私はどう思い返しても見つかりません。ようやく一つ思い出したのは、アルバイト時代に、同じ職場の人たちに手作りビスケット、しかも焦げたのを粉砂糖でなんとかごまかしたものを渡したら、気を遣った一人の方がお返しをくれました。それはとてもおいしい生チョコでした。つい調子にのってがっついていたら、歯の詰め物がとれてしまった・・・という甘くもなんともない話です。

世界中でバレンタインの楽しみ方が違うようですが、今回はハッガの外国人教師がイギリス出身ということもあって、イギリスのバレンタインデーに焦点をあわせました。

バレンタインデーの由来には、いろいろな諸説があるようです。ローマ帝国時代にキリスト教司祭だったValentinus(or Valentine)が当時兵士の結婚は禁じられていたがそれを秘密に認めていたがため処刑されてしまう、という話が中世の時代に再び語り始められたのが今のバレンタインデーにつながっているそうです。中世の英文学者で詩人のGeoffrey Chaucer がバレンタインと恋愛を関連付けた文書として最古のものが残されています。それが後々現代のバレンタインの習慣として定着していったようです。

イギリスのバレンタインデーとは
もともとは恋愛感情のある人たちの間で行われていた習慣だったようですが、今は好きな人たち(家族やペットにも)に大切にする気持ちを表す日でもあるようです。
イギリスでは男女どちらからと問わずバレンタインカードを贈るそうです。カードと一緒に渡すギフトはチョコレートやバラなどの花束などが人気です。もともとは匿名でカードを送っていたようで、名前を書く代わりに?マークやfrom your secret admire(ひそかにあなたに想いを寄せているものより)と書かれていたそうですが最近は、よりダイレクトに伝えているそうです。

数年前から日本では、義理チョコ以外に友チョコというのが特に子供たちの間で流行っているとか。手作りのチョコレート菓子などを友達同士で交換して楽しんでるそうです。かわいいですね。

またイギリス・英国の文化、音楽や食などの話題を取り上げていこうと思います。

バレンタインデー

Tribute to Bowie

デビッド・ボウイをたたえて
Friday, January 15, 2016

2016年始まってまもないころ、イギリスを代表するロックスター David Bowie (デビッド・ボウイ)が1月10日に亡くなりました。ニュースで知った方も多いのではないかと思います。
デビッド・ボウイは、ロンドン南部で生まれ育ったミュージシャン、俳優また音楽プロデューサーと多方面で活躍していた方です。中でも特に1970年代の音楽シーンにおいて、個性的とひとことでは言い尽くせないほど斬新でユニークな音楽とファッション&スタイル、またカリスマ的な存在として世界中の人たちから絶賛された、類い稀なロックスターでした。80年代から2000年にかけてもたくさんのアルバムを出し、また映画にも出演し常にクリエイティブな姿勢を崩さず活躍していました。2000年を過ぎてからは、だいぶん消極的になったようですが2013年にリリースされたアルバムは大成功で多くの方が彼のカムバックを期待していました。
デビッド・ボウイは、独特のファッション/スタイルで注目も集めていましたが、日本のデザイナー(山本寛斎)によるものを衣装で着ていたり、日本の映画にも出演もされていて、日本ともゆかりがあるなんてなんかうれしいです。
アーティストとして、様々なものに影響したりされたりしながら、いつも人と違うもの、何か新しく奇妙だけど美しいものをつくり続けていくことはそう簡単にはできません。彼の築いてきた音楽を今もこうして聴くことができるのは素晴らしいです。


Youtubeで デビッド・ボウイの代表作の1つでもあるLife On Marsという曲のオーケストラのビデオがありました。これはトリビュートではありませんが、演奏しているすべての人が本当にうれしそうに演奏していて、とてもチャーミングで温かな気持ちが伝わってくるように思います。イギリスのBristolにあるThe fantasy Orchestraというグループです。
https://www.youtube.com/watch?v=1rHxpIjhKZE

イギリス
音楽

Kid Friendly

キッズ春の限定キャンペーン
Monday, February 15, 2016

ハッガ英会話では、ご好評につきキッズ新クラスをオープンするにあたり生徒さんを募集しています。英語を学びたい子どもたちにやさしいキッズフレンドリーな特典は、英会話を始めやすいように特別に作られたお得なキャンペーンです。子ども英会話では、指導経験豊富なイギリス人教師による楽しいレッスンをご用意しています。簡単な挨拶や日常会話、色、アルファベットや物の名前などを絵を描いたり歌やゲームをしながら身につけていきます。少しずつ英語を話すことに慣れていき、正しい発音と英語を楽しく学ぶ1時間です。お得なキャンペーンの間にぜひ始めてみてはいかがでしょうか。

お得なダブルキャンペーン
ハッガ子ども英会話では、入会にかかる費用の登録料、書類作成費、管理費などすべて無料です。カウンセリングではお子さんと保護者の方ご一緒に教室に来ていただきます。英会話を始める前にスクール、クラスやレッスンなどの説明をイギリス人教師と日本人スタッフとで行います。実際に外国人教師と英語でのコミュニケーションをとっていただきます。
春の特別キャンペーン中にご入会された方にキッズパックをプレゼントします。数に限りがありますのでお早めにお問い合わせ下さい。
詳しくは子ども英会話のページをごらん下さい。

キャンペーン

BIG HUG Campaign

大人クラス 春のお得なキャンペーン
Monday, February 15, 2016

高松市の英会話教室Hugga ハッガでは、期間限定の特別割引きキャンペーンを実施中です。少人数制のグループレッスンは、先生との1対1の会話で直接話す機会の多くとれるクラスです。文法や発音のチェック、趣味やトラベル談などのいろんな話題をクラスの仲間と先生を交えて楽しく和やかに進められていくレッスンです。グループレッスンのページもあわせてご覧下さい。

2ビッグハグキャンペーン(大人)内容
グループレッスンのコース
月謝制  5,800円/(4週) *初回のみ3ヶ月分前納していただきます。
1)10,000円オフ
2)無料レッスンチケット×4回分

キャンペーン実施期限は2016年3月31日(木)まで

開校初の特別ビッグキャンペーンです。英会話を始めようかなとご検討中の方や英会話に興味のある方は、是非この機会をお見逃しなく。

キャンペーン

Happy New Year 2016 !

Friday, January 1, 2016

あけまして おめでとうございます
高松市英会話教室Huggaハッガ 日本人スタッフの マキ です。
みなさんはどのような年末年始を過ごしましたか?
私たちは、特別なことをすることもなく、例年どおりのんびりと高松で過ごしました。
こうして新しく年も開け、いつもどおりの平穏な生活が始まっていることがありがたく感じる今日この頃です。

日本でお正月と言えば、おせち料理、初日の出、初詣、お年玉、福袋、年始の挨拶などの話題がありますが、今回はイギリスでのお正月の過ごし方をご紹介したいと思います。

イギリス のお正月の過ごし方

イギリスのお正月の話をするならば、まずは大晦日(New Year's Eve)から始めなければいけません。イギリスの大晦日は日本と違って、北風に身をさらしつつ窓拭きなどの大掃除などに明け暮れることなく、もちろん年越しそばなど食べずに、まっすぐに地元のパブ(地域の社交の場でもあるビアホール、飲み屋)へ行き、友達やそこで会った人たちと、この一年を振り返って語り合い大いに楽しく飲みます。その時に次の年はどんな一年にしたいか、どんなことに挑戦したいかなどをひとりひとりが言っていく、新年の誓い(New Year's resolutions)もみんなで立てます。そして新しい年をカウントダウンをしながら待ち、新しい年を迎えると同時に恋人たちはキスをするそうです。カウントダウンが終わると、パブの店主らに早く飲んでしまってくれ、と催促されそして皆家路へと向かいます。それでお正月はというと、大晦日に嫌というほど飲んでいるがため二日酔いになり、何ももせず家でごろごろ寝ているそうです。大晦日に鼻息も荒くみんなで語り合った新年の誓いも、新年も3日も過ぎるころにはすっかり忘れ去られ、その後は通常通り普通の生活を送るそうです。イギリスではクリスマスは家族と過ごし、お正月は友達と一緒に楽しむようですね。ちなみにこの話は、イギリスの一般的な若者の振る舞いらしいです。
新年の誓いのところなんかは、なんとなく私も身に覚えが・・・。

みなさんは新年の誓いを立てますか?目標に向かってその新たな気持ちを維持することってなかなか難しいです。どうせ目標立てても守れないから最初からそんなこと考えんとこ、と何年間か思っていましたが、この話を聞いてから、新年の誓いは守るためにあるのではなく、語り合うためのものなのかなと勝手に解釈しました。とっても楽しそうなお正月ですね。

みなさんは2016年をどう過ごしたいですか?
私はいくつか新しいことに挑戦したいと思っています。
ブログを書くこともその一つです。初めてなのでわからないことだらけですが、がんばります!

2016年も よろしくお願いします。

正月

Pages